遺言書作成サポート
おかむら行政書士の事務所

遺言書作成遺言書作成サポート

街の法律家、女性行政書士が遺言書作成を優しくサポート致します

遺言書作成サポート
遺言するなら失敗しない遺言書の作成を

 大切なご家族が、いつまでも仲良く幸せに暮らせるために、不要な争いを未然に防止するために、生前に対策される方が、今増えています。


 「うちにはそんな財産はないから大丈夫」と言われる方、家庭裁判所に持ち込まれる遺産分割事件のうち、相続財産1,000万円以下が32%、5,000万円以下が43%、相続財産5,000万円以下の遺産分割事件が75%を占めます(司法統計から)。


本当に、あなたの家族も大丈夫でしょうか?

 遺言書の種類

 遺言がある場合は、遺言によって遺産分割をすることになりますが、遺言は、民法で方式が決められており、これによらない遺言は無効となります。たとえば、エンディングノートに書いた相続の内容や、自分で書いた遺言書でも家庭裁判所の「検認」が必要となります。

自筆証書遺言

ご自身の直筆で、前文、日付け、署名、押印した遺言(家庭裁判所の検認が必要です)。

公正証書遺言

公証役場で、遺言時に、証人2名の立会いのもと公証人が作成(検認手続きが不要で、相続開始後円滑にお手続きができます)。

秘密証書遺言

自分で書いた遺言書の封紙に公証人の公証を受ける遺言。

遺言の内容にかかわらず、相続人(配偶者、直系卑属、直系尊属)には、「遺留分」が認められています。

 遺言書が特に必要なケース

  • 夫婦の間に子供がいない場合
  • 離婚後、再婚をしたので、先妻の子供や後妻がいる場合
  • 相続人ではない人(面倒をみてくれた嫁や、孫)に財産を分けたい場合
  • 相続人同士の仲が不仲な場合や相続人がいない場合

遺言書作成サポート料金表料金について

           
内容金額(税抜き)
自筆証書遺言35,000
公正証書遺言書(秘密証書)50,000
遺言書保管料(年額)6,000
公正証書遺言証人10,000/1
遺言執行者相続財産総額の1
 

※公正証書とする場合は、別途公証人に支払う手数料が必要です。

おかむら行政書士の事務所事務所案内

おかむら行政書士の事務所
代 表岡村 奈七江
郵便番号〒732-0827
住 所広島県広島市南区稲荷町
5番27号原田ビル2F
電 話082-262-3560
FAX082-262-3560
営業時間平日10:00~19:00
予約受付平日09:00~21:00

稲荷町電停・バス停徒歩1分